日暮れの海

夕焼け

夕焼けって綺麗ですよね。理由は分かりませんが、見ていると心が癒やされます。時代が変わっても夕焼けの美しさは変わらないのかなと撮りながらいつも考えます。

でも夕焼けって何故赤いんでしょうか。

なぜ夕焼けは赤い?

なぜ夕焼けは赤いのか。それはレイリー散乱という現象によって引き起こされます。

自然界には「散乱」という現象があります。これは、一方に進んできた光を四方八方に散らせる現象のことです。

この「散乱」を細かく見ていくと「レイリー散乱」という現象があります。レイリー散乱というのは平たく言うと、空気によって引き起こされる散乱のことです。つまり空気に光が一方から当たると、その光は四方八方に散らされます。このレイリー散乱は青い光ほど散らし、赤い光はあまり散らさない性質を持っています。

昼間だと太陽光は上から注いでくるので、空気中を短い距離進みます。なので、青い光は空気中で散らされて私達の目まで届きます。

このため、昼間の空は青いのです。

でも、夕方になると太陽光は横から当たるので、空気中を長い距離進みます。すると青い光は長い空気中で完全に散らされています。あまりにも散らされてしまうので、私達の目に青い光は届きません。

このため太陽光から青い光が消えてしまい、赤い光だけが残ります。

これが夕焼けです。

ブログの方向性が迷子

写真について話すはずが、夕焼けの仕組みを語ってしまいました… いったいこのブログは何処を目指しているのでしょう。


よろしければブログランキングクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ