Jelly Fish

クラゲ

「クラゲ」は「海月」「水月」とも書きます。名前の由来を調べてみました。Wikipediaより引用すると、

「海月」や「水月」は海中あるいは水中の月のように見えるとの意味である
引用元:Wikipedia-クラゲ

海に浮かぶ月。まさにクラゲにふさわしい名前ですね。

海水浴などでクラゲに刺されると嬉しくないですし、クラゲの中には猛毒を持つものもいます。実際に触れ合ったりするには危険な生物です。

そんなクラゲですが、透き通った体とふわふわした見た目なので見てる分にはとても癒やされます。

ミズクラゲ

今回の写真に写っているのは「ミズクラゲ」という品種で、日本近海でも普通に目にすることができるクラゲです。ごくごく一般的な品種で、「the 普通のクラゲ」という言葉が似合います。水族館でよく見るクラゲも大体はこの「ミズクラゲ」です。

そんなごくごく一般的なクラゲですが、ふわふわ動いており見ている人を癒やしてくれます。一匹でも動きに癒やされますが、沢山のクラゲが集まるとそれはもう壮大な光景となります。特にミズクラゲは一般的な品種で、飼育についての知見は他のクラゲよりは多く蓄積されています。また他のクラゲよりは環境への順応が高いそうで、飼育がしやすいそうです。とは言えクラゲそのものの飼育が非常に難しいですが。

そんなミズクラゲだからこそ沢山の個体が集まって壮大な景色を見せてくれるのでは無いでしょうか。


よろしければブログランキングクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ